プロバイダー料金比較ランキング

光回線、光コラボレーション(auひかり、NURO 光、eo光など)や、ADSL、モバイル回線(WiMAX、ワイモバイル)までプロバイダの料金を徹底比較!

パソコンプロバイダー。パソコンでインターネットを使うには?

よくある質問 更新日:

インターネットをするには、必要なものがあります。それは、インターネット回線とプロバイダの契約です。

今現在インターネットを使用しているという場合は、この2つがすでに準備できているということになります。

回線とプロバイダにはそれぞれ役割があります。

インターネット回線というのは、文字通り回線です。情報のやり取りをどういう回線で行うか、どの会社のものを使うかというものです。

インターネット回線やプロバイダには、よく聞く会社が多いと思います。具体的には、下記のような回線事業者やプロバイダがあります。

インターネット回線

NTT東西:光・ADSL
KDDI:光
電力会社:光
CATV:光・ケーブルテレビ回線
WiMax:無線

プロバイダ

OCN
ぷらら
So-Net
Nifty
Biglobe

最近ではやはり光回線が一番多いと思います。

戸建では光回線をそのまま宅内に引いたり、マンションでも直接光を引いたりマンションの1Fまで光でそこから部屋までは電話回線というパターンもあります。

ADSLは、従来の電話回線で ADSL信号を使って行う比較的高速なインターネット回線です。

しかし、光回線の普及で ADSLは少なくなってきています。

次に多いのがケーブルテレビです。

各地域にケーブルテレビ会社はあります。宅内までは同軸ケーブルを使用することが多いです。

また 無線でも高速な通信が可能となってきており 使用できるエリアも増えていることから Wimaxなどの回線もよく使用されるようになってきました。

回線にプロバイダを組み合わせてインターネットを始めることができるのですが、プロバイダは国内に何百社もあります。

同じNTTの光を利用していても、それぞれ利用者によって契約しているプロバイダは違ってきます。

回線の契約時に 事前に対応しているプロバイダから選べるようになっていることもあるし、自分でプロバイダだけ別途申し込むこともあります。

電力系の光回線の場合は、回線事業者が回線とプロバイダを兼ねていることがほとんどです。

すでに2つで1つセットになっているので、プロバイダを別に選ぶということはほとんどありません。

例えば 関西電力系のケイオプティコムなら eonet、四国電力系のSTNetなら、ピカラがプロバイダになります。

ケーブルテレビも電力系と同じです。回線とプロバイダの両方をセットにして提供しています。

ケーブルテレビ最大手のJ-COMなら プロバイダはJ-COMです。

またプロバイダがNTT回線を借り受けて、サービスを提供する会社もあります。

具体例には、NURO光があります。

回線そのものはNTTの光ですが、プロバイダのSo-netがNTTから回線を借り受けて回線とプロバイダをセットでサービスを提供しています。

NTTの光ファイバー網は、NTT東西のみが使っていたのですが、2015年からプロバイダ・電気通信事業者に「卸売り」を開始しています。

これにより、これまでインフラを持っていなかったプロバイダが光ファイバーを回線として持つことができるようになり、自社のプロバイダ事業と一括して自由な料金設定や割引サービスを提供しています。

このような形態を光コラボレーションモデルといい、サービスを提供する事業者を光コラボレーション事業者といいます。

具体例としては、OCN光、ドコモ光、excite光 、@nifty光などがあります。

光コラボレーションモデルでは、回線とプロバイダは同じ会社ということになります。

Wimax、Wimax2

Wimax、Wimax2は、無線の通信規格のことをいいます。大容量・高速のモバイル通信のことです。

このWimax、Wimax2は その回線の管理をUQコミュニケーションが行っています。ですので、 WimaxはUQ Wimaxともいいます。

プロバイダを、例えばBiglobeなどにすることもできます。

Biglobeは UQコミュニケーションズから回線を借りて 自社のプロバイダとセットで提供しているということになります。

もうひとつのモバイル回線は、LTEを使用したサービスがあります。

例えば、au、ドコモ、ソフトバンク、Yモバイルがあります。

これらは、基本的に回線もプロバイダともに、携帯電話各社のものを利用していることになります。

回線とパソコンをつないでいるものに 回線終端機器、モデム、ルーターなどがあります。

光回線では回線終端機器(ONUともいいます)、ADSL回線ではモデム、CATV回線などではケーブルモデムが使われます。

これらの機器があることで、パソコンと回線をつなぎインターネットの準備が整います。

あとはプロバイダのIDやパスワードをパソコンやモデムに繋がっているルーターに設定します。これでインターネットをすることができます。

 

WimaxやYモバイル、LTEでは モバイルルーターという機器を使います。電源をONにするとすぐに使えます。

今使っているパソコンのプロバイダーを調べるには?

http://www.ugtop.com/spill.shtml

ここにアクセスして、現在接続している場所(現IP)を調べます。

そのIPを
http://www.mse.co.jp/ip_domain/
ここでIPドメインサーチにかけると大抵判明します。

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログ 回線・光ファイバーへ

[光回線] 当サイトからのお申込み数ランキング!

月額3,800円からの超高速の自宅の光インターネット接続サービス
SoftBank光
NTT東西から卸売りされる光回線を使った携帯電話料金の割引を開始することが、最大の特長といえます。 契約している携帯電話のデータ定額プランによって割引額が変わってきますが、1契約あたり月額500円~最大2,000円(税込)割引されます。
おすすめポイント
SoftBank光とSoftBankのスマートフォン、携帯電話、タブレットをセットで利用すると、1回線につき2年間毎月最大2,000円割引になります。(3年目以降も毎月最大1,008円割引) 家族の利用料金も最大10回線まで割引になり、4人家族なら毎月最大8,000円お得に!
【お申込みはこちらから】
ソフトバンク光

詳細はこちら

スマホとセットで超お得!最大1Gpbsの高速回線、全国対応。
auひかり
auひかりならauスマートバリューが利用できます。auスマートバリューはauケータイを利用する方が「auひかり + 電話」に加入することで、ご利用料金から最大2年間934円~2,000円割り引くというサービスです。auケータイ利用の人には是非ともオススメしたいサービスです。
おすすめポイント
  • auひかりなら最大1Gbps
  • 月額料金がスマホとセットで超お得!auスマートバリュー
  • 支払いがスッキリ!KDDIまとめて請求
  • どこでも利用可能!対応エリアは全国
【お申込みはこちらから】
【auひかりキャンペーン 必ず高速無線LANが貰える!】

詳細はこちら

世界最速の2Gpbsの高速回線。関東エリア限定。月額わずか5,000円以下で利用可能。
NURO光
超高速光回線なら、NURO 光。下り最大2Gbpsの光回線で、音楽・動画をサクサク快適に。無線LAN・セキュリティーサービスも込みで月々4743円から!月額料金が割引になるキャンペーンも実施中!利用ユーザーが増えると、無線LAN込みで月額1900円まで値段が下がるお得なサービス
おすすめポイント
  • NURO光は安い!月額わずか4,743円。
  • 無線とセキュリティが無料!
  • 世界最速の速度
  • スマホも安い!セット割があります。
  • 高額キャッシュバック!
【お申込みはこちらから】
NURO光

詳細はこちら

 
LINEで送る
Pocket